多様な遊び方が選べるギャンブル

オンラインカジノとはどういうものか

オンラインカジノとはどういうものか

オンラインカジノは、今世界中で人気となっているギャンブルゲームの一つです。
手軽に誰でも参加をすることが出来て、自宅のパソコン、または手持ちのスマートフォンでオンラインカジノを始めることが出来ます。

お金を使わず遊ぶことも出来ますが、実際に現金を賭けて遊ぶことも出来ますし、当然勝てば大金を貰えます。
ネットで出来る気軽なギャンブルですので、お店に行く必要もありません。それどころか、24時間365日営業をしているので、仕事が忙しい方もいつでもプレイが出来るのです。

オンラインカジノは、海外の華やかなカジノの世界を手軽にパソコンのオンライン上で楽しめて、そしてお金を稼ぐことが出来るので、従来までのゲームよりもさらにスリリングです。
ギャンブル好きの方はもちろんですが、スロットや、ルーレットなど、こういったゲームが好きな方も楽しめます。

オンラインカジノのペイアウト率の高さ

オンラインカジノが人気の理由の一つとして、ペイアウト率の高さがあります。
オンラインカジノは、他のギャンブルと比較しても、ペイアウト率が非常に高くなっています。
そのペイアウト率の高さは、97~98%と、他のギャンブルよりも圧倒的な高さを誇っています。
オンラインカジノは、胴元の取り分であるハウスエッジが非常に低く2%程度となっています。
つまり、それだけ多くの金額がプレイヤーへと還元されているということになります。

もちろん、ギャンブルですので、常に勝つことが出来るというわけではありませんが、せっかくギャンブルを始めるのであれば、勝てる可能性の高いギャンブルをした方が、夢は広がります。
これからギャンブルをしたいという方には、オンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノの運営は?

オンラインカジノの運営は?

オンラインカジノの運営元は、どのような会社なのかというと、海外の業者が運営していて、それも株式市場で上場をしている有名企業、大手の企業が多いです。
また、有名なスポーツチームのスポンサーをしていたり、各種キャラクターとコラボをしていたりと、それだけ資金力や信頼性がある企業が少なくありません。

オンラインカジノのライセンスを取得するためには、高額なライセンス料が必要ですし、それなりに資金力がある、健全な企業しか運営をする事が出来ません。
よって、信頼性の高い運営元がほとんどとなっています。悪質なオンラインカジノを選ばない限り、安全にプレイヤーはゲームが楽しめます。

オンラインカジノとイカサマについて

オンラインカジノというと、イカサマや詐欺のようなイメージを持っている方も少なくありません。
しかし、オンラインカジノを運営をする場合、国に正式にライセンスを発行されなければ運営することが出来ません。
これらのライセンスを取得するためには、厳しい審査をクリアする必要がありますし、さらに高額なライセンス料が必要となります。

また、オンラインカジノの公平性についてですが、外部の監査機関から監査を受けているところがほとんどです。
第三者である監査機関から、公平性やペイアウトがなされているかなど、細かいチェック項目で、定期的に監査を受けています。これらの監査で不正があれば、直ちにライセンスが剥奪されてしまいます。
さらに、今まで、こういった外部の監査機関で不正があったというデータが存在しません。
つまり、多くのオンラインカジノが、このように内部の監査ではなく、外部からチェックを受けている状態ですので、イカサマをする事が出来ません。

またオンラインカジノの運営業者側も、ライセンスを取得するために多額のライセンス料を支払っていますので、イカサマをするメリットはないのです。
こういった事情から、オンラインカジノは、公平性が保たれているといえます。

日本でオンラインカジノをやっても問題はない?

日本でオンラインカジノをやっても問題はない

日本でオンラインカジノをやっても問題はないのかという風に不安に感じている方も多いでしょう。

実はオンラインカジノは、合法ともいえませんが、違法ともいえず、グレーゾーン的な位置づけとなっています。
オンラインカジノに関する法律はまだありませんし、法的には未整備となっています。日本では、まだネット関係の法律がきちんと整備されていませんので、オンラインカジノについてもそれを裁くための法律がありません。
従って合法でも違法でもないというのが現在の状態なのです。

また、オンラインカジノは、海外の業者が運営をしており、サーバーも海外にあります。そういったことから、日本の法律だけでこれを裁くことができません。

実際に日本で、逮捕されてしまったプレイヤーがいますが、その違法性を立証することが困難であると検察側が判断したのか、不起訴処分という形で終わっています。
今後同じように、プレイヤーが起訴されてしまうという可能性は極めて低いですので、日本でプレイをしてもほぼ問題ないといえます。